JCBカードWの審査で知っておくべきこと

JCBカードW(JCB CARD W)は具体的な審査基準を公表しておらず、審査に通るか不安な人も多いでしょう。

JCBカードWの申込み条件は「18歳以上39歳以下で、本人または配偶者に安定した収入のある方」または「高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方」です。

学生や主婦でも申し込みできるので、アルバイトやパートも含め年収100万~200万円程度の金額が安定して稼げるのであれば、JCBカードWの審査基準に到達していると考えられます。

当サイトでは、JCBカード Wを申し込む前に知っておきたい「審査基準」「審査期間」「審査落ちの理由」を解説していきます。

JCBカード W(JCB CARD W)の審査基準は?

JCBカード W(JCB CARD W)は、クレジットカードの分類でいくと銀行系、独立系に入ります。

そのため審査も厳しいのでは?と思いがちですが、JCBカードWは18歳以上39歳以下と若い世代向けのクレジットカードで、学生におすすめしているくらいなので、比較的審査は優しめな印象です。

配偶者に安定した収入があればOKと書かれているので、配偶者が働いている主婦の場合は、自分の収入がなくても申し込みできます。

収入のない専業主婦の場合、配偶者などの世帯年収を入力して申し込むため、キャッシング枠を付帯できません。

収入の基準は申込者の職業によって大きく変わるので注意が必要。

学生や主婦など、どうしてもフルタイムで働けない方であれば年収100万円程度でも良さそうですが、正社員で働いている方で年収100万円前後だと、支払い能力がないと判断される可能性があります。

自分に収入がなく、配偶者の年収も低いと判断された場合には専業主婦でも審査に落とされてしまうと考えられます。

実際正社員で働いていても年収が低かったり、他にクレジットカードを複数所持していたりするとあっけなく審査に落とされてしまったとの口コミもありました。

マイナビの調査によると新卒の年収が平均253万円なので、社会人は200万円以上の年収があればおおむね問題ないでしょう。

逆に平均以上の年収があっても、即日の審査で審査落ちしてしまった方もいます。

年収が平均以上あり、十分な収入が認められた場合でも、過去3年間にクレジットカード関係で滞納や必要以上の複数申し込みを行っていると審査に通りません。

一度クレジットカードの審査に落ちてしまうと、審査に落ちたとクレヒスに記録されます。

JCBカードWが利用している信用機関はCIC、JICC、全国銀行個人信用情報センターの3つです。

それぞれネット、アプリ、郵送で個人の情報を開示してくれる(手数料がかかります)ので、審査に落ちる原因になる悪いクレヒスがないか、申し込み前に確認しておくと良いですね。

これらを参考にJCBカードWの審査基準を考察すると、以上の条件がJCBカードWの審査に大きく関わっていると考えられます。

JCBカードW(JCB CARD W)の審査基準
  • 学生や主婦でも申し込めて、審査に通る可能性がある
  • 年収は100万円~200万円程度でも審査に通る
  • 社会人は200万円以上の年収があると安心
  • 過去3年間でクレジットカードの支払い、キャッシングなどで返済滞納などがない
  • 同時期に複数のクレジットカードを申し込んでいない

JCBカードW(JCB CARD W)の審査期間と発行までの日数

JCBカードW(JCB CARD W)の審査期間については「なかなか審査結果が出ない」「審査に時間がかかる」といった口コミを見かけました。

審査期間には申し込みした時間や混雑状況により個人差があり、その日のうちにメールで審査結果が届くケースもあれば、翌日以降になることも。

調査していた中で、申し込み完了から審査結果のメールが届くまで最短で20分、時間がかかった方はJCBの休業日も含めて10日ほどでした。

多くの方が、即日~2日程度で審査結果が返ってきています。

ポイント倍率や年会費など、同様のスペックである楽天カードは申し込みから数分で審査が終わった方や、翌日に審査が返ってきた方が多いようです。

発行しやすい楽天カードと同じくらいの時間で審査が完了するJCBカードWは、審査期間が長いクレジットカードではないと言えるでしょう。

JCBカードW(JCB CARD W)の審査が長い人の特徴

では「JCBカードWは審査が長い、遅い」といった口コミは嘘なのか?と聞かれると嘘ではなく、審査に数日~数週間かかってしまう方もいます。

JCBカードW(JCB CARD W)の審査が長引いてしまう方の特徴を挙げてみました。

審査期間に休業日が入っている

実はこれが意外と忘れがちなポイント。
JCBカードWは24時間インターネットで申し込みできますが、審査は営業日に行われます。

JCBカードでは土日祝は休業日となっており、基本的に審査は行われません
祝日に申し込んだ方は、翌営業日に電話での在籍確認後、発行されたと口コミがありました。

金曜日の夜などは審査が翌週に持ち越されやすいので、週末に差し掛かる前に申し込むと早く審査を進めてもらえます。

特に注意したいのが年末年始の申込み。
年末年始には通常よりカードの発行が遅くなると、公式ページにもはっきり明記されています。

年末に旅行や実家への帰省でカードを使いたい人は、余裕を持って12月上旬までに申し込んでおきましょう。

JCBカードWはオンライン口座の登録が必須で本人確認書類の提出が必要ありませんが、他のJCBカードで本人確認書類を郵送で送る方法を選択した場合、12月14日以降に書類が届いた分のカード発行は翌年になります。

これを見ても年末年始はかなりカード発行に時間がかかってしまうとわかります。

またGWも祝日となるので、審査やカード発行に時間がかかりやすいです。
GWの旅行などでクレジットカードを使いたい人は、4月中旬までには申し込んでおくと安心できます。

カードの発行時期にこだわりがなくても、審査に時間がかかるのが不安な方は、連休にかかるように申し込むのは避けたほうが良いでしょう。

申し込みのときからキャッシング枠を設定している

キャッシング枠を付帯すると、お金を借りる可能性がある人と認識されるので、支払い能力や十分な収入があるか、より綿密に審査されます。

JCBカードWはキャッシング枠の付帯でキャッシュバックするキャンペーンを行っているくらいなので、少額のキャッシング枠は問題ないでしょう。

申込時に30万円、50万円と高額のキャッシング枠を付けて申し込むと審査に時間がかかります。

お金を借りる予定がない方はキャッシング枠をつけないで申し込みましょう。
キャッシュバックキャンペーンに参加したい方、海外旅行などの予定があり保険として付帯させておきたい方は、できるだけ少額で申し込むのが無難です。

同時に何枚もクレジットカードを申し込んでいる

落ちたときのために…と数枚同時に申し込む方や、急にクレジットカードが必要になったために焦って何枚も申し込んでしまう方もいると思います。

同時に複数枚のクレジットカードを申し込むと、本当にすべてのクレジットカードを正しく利用できる能力があるのか?と信用機関が警戒し、審査に時間がかかる可能性があります。

申し込みした人の口コミの中には「JCBカードWと同時にもう1枚カードを申し込んで、どちらも審査に通った」という声も。
十分な収入があり、過去のクレヒスにも問題がなければ、同時に申し込んでも審査に通過できることもあります。

ただ、短い期間に何枚も申し込んだせいか審査に数日かかった上で落とされた口コミもあったので、よほどの理由がない限りJCBカードW1枚に絞って申し込みましょう。

審査に通らないわけではないようですが、審査には時間がかかると覚えておいたほうが良さそうです。

JCBカードW(JCB CARD W)の審査から最短発行日数は?

JCBカードW(JCB CARD W)の発行日数は、最短3営業日です。
審査が問題なく進めば、3~10日ほどでクレジットカードが郵送されます。

しかし、これはあくまで審査が順調に進んだ方の場合。

申込後3~10日程度でカードを受け取れるのは、即日発行のカード以外で比較すると早くもなく、遅くもなく、無難なカードと言えます。

入会費無料の楽天カードやVIASOカードは最短翌日発行。

イオンカードは店頭やアプリで受け取る場合は即日、郵送で受け取る場合は2週間ほどかかるので、JCBカードWはちょうど中間くらいの発行日数です。

同じJCBオリジナルシリーズであるJCB一般カードは、平日14時までにオンライン口座を設定した上で申し込みを完了させると翌日受け取れます。

一般カードと比べると多少時間がかかるように感じますが、遅いと判断するほどではないですね。

JCBカード Wの審査では在籍確認の電話はほとんどない

在籍確認とは、申込者が実際に勤務先で働いているかをどうかを確認するため、職場へ電話をかけることです。

JCBカードW(JCB CARD W)の申し込み画面には「勤め先に確認の電話をすることがある」との注釈がありますが、最近ではグレードの高いゴールドカードなどでない限り、在籍確認は行われないようです。

口コミでは何件か在籍確認の電話があったようですが、簡単な受け答えのみで終わり、在籍確認後はすぐに審査完了のメールが届いています。

全体で見ると、JCBカード Wの申し込みで在籍確認は無かった方がほとんどでした。

JCBカードWの在籍確認は本人が電話に出るまでクレジットカードに審査に関わる電話だと分からないようになっているので安心です。

JCBカードW(JCB CARD W)は申込後に審査状況の確認ができる

JCBカード Wへの申し込み後、審査の状況は「入会メッセージボックス」から確認できます。

入会メッセージボックスを確認するためには、申し込み時にメールで届く「入会受付番号」と事前に設定した「判定状況確認用キーワード」が必要です。

このページで逐一状況をチェックしておくと、不安なまま審査を待たなくて済みますね。

またこれは口コミがなかったのでまれなようですが、入会メッセージボックスを通じて審査に必要な情報の確認が行われます。

審査が長引いていると感じた方は、入会メッセージボックスを確認してみましょう。

JCBカード W(JCB CARD W)の審査に通ったのはこんな人!

審査のハードルは高くないJCBカードW(JCB CARD W)ですが、実際にどんな方が審査に通過したのか、当サイトが独自に調査したアンケートの結果も含めて情報をまとめました。

以下はJCBカードWの審査に通過した方の一例です。

28歳/男性(正社員)
職種 会社員
勤務年数 6年
年収 300万円
配偶者 なし
住居 賃貸
住居年数 5年
ショッピング枠 20万円
キャッシング枠 0円
クレジットカード所有枚数 1枚

こちらの男性の場合は、正社員であり勤続年数も長く、キャッシング枠を希望しなかったのが審査通過の大きなポイントになったと思われます。

42歳/女性(主婦)
職種 パート
勤務年数 2年
年収 100万円未満
配偶者年収 400万円
配偶者 あり
住居 持ち家
住居年数 15年
ショッピング枠 20万円
キャッシング枠 0円
クレジットカード所有枚数 2枚

主婦の方ですが、キャッシングを0円で配偶者に安定した収入、持ち家である理由が審査通過の理由として考えられます。

19歳/男性(学生)
職種 アルバイト
勤務年数 2年
年収 100万円以上
配偶者 なし
住居 実家暮らし
ショッピング枠 20万円
キャッシング枠 0円
クレジットカード所有枚数 0枚

この場合、キャッシング0円、実家暮らしであり、アルバイトですが返済能力があると判断され審査に通過しただと考えられます。

18歳~19歳の方でも審査を通過しJCBカード Wを使っている方も多くみられました。

JCBカード Wの審査を無事通過した人の特徴
  • パートやアルバイトでなく、正社員として働いている
  • 勤続年数が長くて安定した収入がある
  • クレジットカード所有枚数2枚以下
  • キャッシング枠を希望せずに申し込んでいる

JCBカード Wの審査を無事通過している方は、これらの条件に当てはまる方が多いとわかりました。

JCBカード W(JCB CARD W)の審査に落ちる理由は?

JCBカードW(JCB CARD W)の審査に落ちる原因はいくつか考えられます。

JCBカードWの申込資格を満たしていない

JCBカードWの申込資格に該当していないと審査は確実に通りません。または高校生を除く18歳以上で学生の方)に該当していないと審査は確実に通りません。

40歳以上の方が申し込もうとすると、生年月日の入力で申し込みが弾かれてしまいます。

過去のカード利用、ローンなどの個人信用情報に問題がある

過去5年以内に住宅ローン、クレジットカード、カードローンなどで延滞や滞納などの信用事故を1度でも起こしてしまうと、信用情報に傷がつき審査落ちの原因となります。

安定した収入がなく、年収が少ない

年収が極端に少ないと、返済能力がないと判断され審査には通りません。

複数のクレジットカードに申し込んでおり、多重申込の状態になっている

半年間の間に複数枚のクレジットカードに申し込む「多重申込」をしてしまうと、クレジットカード会社は貸し倒れのリスクが大きいと判断し、審査を通さない場合があります。

一度審査に落ちてしまった方がもう一度JCBカードWに申し込みたい場合は、少なくとも半年はクレジットカードに申し込まない、今持っているクレジットカードを滞納なく使うなど、信用情報の回復に努めましょう。

JCBカード W(JCB CARD W)の審査に通るために

JCBカード W(JCB CARD W)の審査は、独立系、銀行系カードなので、審査はある程度時間をかけて、きちんと行われています。

しかし、審査を通過した人の情報を調べていくと、そこまで審査のハードルは高くないように感じました。

信用情報に問題がなく、安定した収入があり、申込資格に当てはまる方であれば審査が通る可能性は十分にあるでしょう!

JCBカードWの審査に通るために気をつける、しておくべきこと
  • キャッシング枠は申し込まない、もしくは最低限の枠のみ付帯しておく
  • 嘘の情報は入力せず、記入ミスもしないようにする
  • クレヒスに不安がある方は事前に信用機関に問い合わせておく
  • 使っていないクレジットカードがあれば事前に解約しておく
  • 同じ時期に他のクレジットカードに申し込まないようにする

ゴールドカードやプラチナカードのように長期間かけてじっくり審査されるカードでもないので、はじめてカードを作る方は特に心配いりません

2枚目、3枚目のカードとして申込みを検討している方も、今所持しているクレジットカードの支払いが滞りなくできていれば問題ないでしょう。

JCBカードWは、18歳以上39歳以下と若い世代の方向けのカード。

あまり深く考え込まず申し込んでもすぐに審査に通過できるカードだと思って良さそうです。